佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

宇久黒潮鮮魚五島列島旬の地魚セットB

五島列島旬の地魚セットB
  • 五島列島旬の地魚セットB

宇久黒潮鮮魚五島列島旬の地魚セットB

商品番号 SF17106
商品内容詳細 ヒラマサ(サク)
ヒラマサ(切り身)
イサキ
レンコダイ
アラカブなど旬の鮮魚約2kg
賞味・消費期限 発送日より4日
外箱サイズ 260×340×160mm
メーカー名 宇久黒潮鮮魚
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 冷蔵

5,616 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

兄が鮮魚店店主、弟が漁師という兄弟コンビがお届けする、宇久島近海の旬の地魚を2〜3人分で詰め合わせました。魚は全て下処理してお届けします。季節や漁獲量により、内容は異なります。天候により発送が遅れる場合がございます。

新鮮さは折り紙つき。刺し身でお確かめください

新鮮さは折り紙つき。刺し身でお確かめください

ヒラマサは刺し身が最も美味といわれます。ブリに似た魚ですが、ブリより脂身がやや少なめでさっぱりと食べやすく食感、旨みが強め。これはもう、届いたらすぐにお楽しみいただきたい逸品です。

佐世保の定番「アラカブのみそ汁」

佐世保の定番「アラカブのみそ汁」

全国的にはカサゴと呼ばれている魚、長崎では「アラカブ」と呼ばれています。見た目はユニークですが、ホクホクふわふわした白身が絶品のアラカブは、佐世保ではおみそ汁が定番メニューです。甘めの白みそでぜひお試しください。

和える、煮る、焼く! 下処理済みなので調理も簡単

和える、煮る、焼く! 下処理済みなので調理も簡単

カルパッチョ、煮付け、焼き魚。魚は全て、下処理をしてからお届けするので、すぐに調理ができて便利です。いつもの魚料理も、新鮮さが違うととにかく味がワンランクアップします。あまりのおいしさに、わざわざお店に電話をかけてお知らせくださるお客さまがいらっしゃるほどです。

家族仲睦まじく、宇久島の魚の旨さを発信

家族仲睦まじく、宇久島の魚の旨さを発信

宇久黒潮鮮魚の店主(写真左)は、東京での魚屋修行を終えた後、平地区で約20年前にご夫婦で鮮魚店を始めました。そして店主の父は現在引退されましたが元漁師、今は弟さんが跡を継ぎ、船を操っています。黒潮鮮魚に魚を持ち込むのは、弟さんをはじめとする宇久島の漁師さんたちです。直仕入れで厳選された魚が毎日店頭に並びます。夫婦、兄弟、力を合わせて宇久島の魚のウマさを全国に発信する、まさに「兄弟船」からのお届け。ぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

宇久黒潮鮮魚五島列島旬の地魚セットB

五島列島旬の地魚セットB
  • 五島列島旬の地魚セットB

宇久黒潮鮮魚五島列島旬の地魚セットB

商品番号 SF17106
商品内容詳細 ヒラマサ(サク)
ヒラマサ(切り身)
イサキ
レンコダイ
アラカブなど旬の鮮魚約2kg
賞味・消費期限 発送日より4日
外箱サイズ 260×340×160mm
メーカー名 宇久黒潮鮮魚
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 冷蔵

5,616 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)