佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

木村ちくわ高島ちくわ

高島ちくわ
  • 高島ちくわ

木村ちくわ高島ちくわ

商品番号 PF17431
商品内容詳細 高島ちくわ×15
賞味・消費期限 発送日より7日
外箱サイズ 280×230×90mm
メーカー名 木村ちくわ
発送日目安 3~4日後
アレルゲン表示 卵  かに  えび 
  • のし
  • 冷蔵

2,792 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

新鮮な魚を手捌きし、昔ながらの石臼で練って焼き上げたちくわです。高島ならではの味わいをお楽しみください。

生産者より【木村ちくわ】

地元の漁師さんが直接工場に持ち込む新鮮な魚を使って作っています。高島の木村ちくわだけのおいしさを、ぜひ一度お試しください。

高島ちくわ

家族で力を合わせて作る愛情いっぱいの「高島ちくわ」 父と息子親子2代で作り出す〝ここだけのちくわ〟家族で力を合わせて作る愛情いっぱいの「高島ちくわ」 父と息子親子2代で作り出す〝ここだけのちくわ〟

佐世保市が誇る大自然、九十九島に浮かぶ有人島「高島」。その船着場から徒歩5分ほどの所に、木村ちくわはあります。ここは3代・60年以上続くちくわの工場です。現在は2代目のお父さんと、3代目を継いだ長男、そして次男が中心となり、家族総出で製造と販売を行なっています。

高島ちくわ

日本全国ちくわはどこにでもありますが
お取り寄せしても食べたいちくわは、そう多くないでしょう。

木村ちくわの作る「高島ちくわ」は、地元の漁師さんが獲って来た新鮮な魚を、高島の工場で手捌きし、石臼で練り上げて焼いたとっておき。魚と塩、素材の味をしっかりと感じることができる、本物のちくわを作っています。

高島ちくわ

こうしてできあがる!昔ながらのおいしいちくわこうしてできあがる!昔ながらのおいしいちくわ

灼熱の中一本一本丁寧に作り上げる高島の味灼熱の中一本一本丁寧に作り上げる高島の味

高島の漁師さんが持ち込む
獲りたての魚を練り上げます。

高島の漁師さんが持ち込む獲りたての魚を練り上げます。

高島は漁業の島。
たくさんの漁師さんがいらっしゃいます。

獲りたての魚は、木村ちくわに直接持ち込まれ、これを手で1尾1尾捌いて下ごしらえをします。素材となる魚はスケソウダラやエソです。
捌いた魚は、昔ながらの石臼を使ってゆっくりと練り上げて、塩と少量の調味料で味付けをし、すり身になります。

機械化はされていても、
それぞれの工程を見守るのは人。

機械化はされていても、それぞれの工程を見守るのは人。

真剣に向き合う3人の姿がそこにあります

真剣に向き合う3人の姿がそこにあります真剣に向き合う3人の姿がそこにあります

そのすり身を金属の棒に巻きつけて、焼きの作業に流れていきます。ちくわは「竹輪」と書くくらいですから、昔は竹に巻きつけていましたが、現在は衛生面などを考慮してこのような形になりました。

真剣に向き合う3人の姿がそこにあります

夏は灼熱といっても過言ではないほど、
工場は熱気に包まれます。

1本1本、巻きつけた際に入る空気を抜きながら丁寧に焼き上げられ、コンテナに並べて冷まします。

夏は灼熱といっても過言ではないほど、工場は熱気に包まれます。
できあがりがこちら。

できあがりがこちら。高島のちくわは、少し長めでボリューム感があります。また、余計な調味料を足さないため、「しょっぱい」と感じる方もときどきいらっしゃいますが、これが昔から変わらない「高島ちくわの味」。魚の風味と弾力ある食感は、子どもたちも1本あっという間に食べてしまうおいしさです。

おいしいちくわのできあがり!!

ちくわは万能選手!魚や肉の代わりに使えるアレンジ自在のお助け食料ですちくわは万能選手!魚や肉の代わりに使えるアレンジ自在のお助け食料です

まずはそのまま高島の味をお楽しみください!!
ちくわの穴に、好みの野菜や梅などを入れて、オードブル風に。

ちくわの穴に、好みの野菜や梅などを入れて、オードブル風に。また、適当に結んだり、飾り切りしたり。お皿を楽しく演出してくれるちくわは、すぐに出せてとても便利です。

炒め物 和え物 煮物

写真は定番の磯辺揚げですが、ほかにも炒め物、和え物、煮物など、ちくわはいろいろなお料理に使える万能選手です。魚や肉の代わりに使う感覚でアレンジしてみてください。

定番の磯辺揚げ

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

木村ちくわ高島ちくわ

高島ちくわ
  • 高島ちくわ

木村ちくわ高島ちくわ

商品番号 PF17431
商品内容詳細 高島ちくわ×15
賞味・消費期限 発送日より7日
外箱サイズ 280×230×90mm
メーカー名 木村ちくわ
発送日目安 3~4日後
アレルゲン表示 卵  かに  えび 
  • のし
  • 冷蔵

2,792 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)