佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

本家大川屋活鯛・活ぶり漬け丼セット

活鯛・活ぶり漬け丼セット
  • 活鯛・活ぶり漬け丼セット

本家大川屋活鯛・活ぶり漬け丼セット

商品番号 SF17163
商品内容詳細 鯛漬け丼60g×5、ぶり漬け丼60g×5
賞味・消費期限 製造日より150日
外箱サイズ 400×200×100mm
メーカー名 本家大川屋
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 小麦 
  • のし
  • 冷凍

10,000 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

活きた鯛とぶりを使ってタレに漬け込んだ漬け丼のセットです。新鮮な食感をお楽しみください。

活きの良いプリプリ食感の鯛の漬け丼

活きの良いプリプリ食感の鯛の漬け丼

活きた鯛をそのまま加工した極上の漬け丼です。刺身のプリプリとした食感がそのまま楽しめる人気のひと品。くさみがなく、味付けは甘口でお子さまも食べやすく仕上がっています。炊きたてのごはんに乗せて召し上がれ。薬味は刻み海苔とネギ、あればうずらの卵の黄身を落とせばタレの味がマイルドになりいっそうおいしくお召し上がりいただけます。

もっちり吸い付くような食感がクセになるぶりの漬け丼

もっちり吸い付くような食感がクセになるぶりの漬け丼

鯛のプリプリ感に対し、ぶりはもっちりとした食感でまた違う風味が楽しめます。脂ののったぶりは漬け丼に最適!

独特の食感を閉じ込めて、作りたての味を楽しむ

独特の食感を閉じ込めて、作りたての味を楽しむ

この漬け丼は、どちらも活きた魚を捌きタレに浸けます。その後すぐに真空パックしてアルコールで急速冷凍し完成。タレが染み込み過ぎない「刺身にタレを付けた状態」で真空パックするため、鯛、ぶりそれぞれの独自の食感を失うことなく閉じ込めることができるのです。食べる前に解凍するだけで作りたての状態になり、旨いだけでなく手間いらず。また、大川屋独自の製法で、魚のくさみを取り、旨みだけを残すことができ、魚が苦手な方でも食べやすい仕上がりが好評です。

本家大川屋だからできるおいしさを届けたい

本家大川屋だからできるおいしさを届けたい

大川屋の店長・永松さんは、魚のおいしさを引き出すことに全力を注ぐアイデアマン。数ある水産商品の中から、本家大川屋の商品を選んでいただくため、日夜努力を惜しまず魚と向き合っています。漬け丼の製法もそんな努力から生まれたものです。魚を食べ慣れた方ほど、その旨さの違いが分かる、自慢の漬け丼をぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

本家大川屋活鯛・活ぶり漬け丼セット

活鯛・活ぶり漬け丼セット
  • 活鯛・活ぶり漬け丼セット

本家大川屋活鯛・活ぶり漬け丼セット

商品番号 SF17163
商品内容詳細 鯛漬け丼60g×5、ぶり漬け丼60g×5
賞味・消費期限 製造日より150日
外箱サイズ 400×200×100mm
メーカー名 本家大川屋
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 小麦 
  • のし
  • 冷凍

10,000 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)