佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

本家大川屋粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット
  • 粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

本家大川屋粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

商品番号 SF17161
商品内容詳細 のどぐろ一夜干し×3、金目鯛一夜干し×4
賞味・消費期限 製造日より90日
外箱サイズ 400×200×100mm
メーカー名 本家大川屋
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示  
  • のし
  • 冷凍

10,000 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

高級白身魚、のどぐろと金目鯛の一夜干し詰め合わせです。

ちょっと贅沢な晩酌のおともに、一夜干しを

ちょっと贅沢な晩酌のおともに、一夜干しを

1日の疲れを癒す晩酌のひととき。たまにはほっくりと焼き上げた上質な一夜干しを、お気に入りのうつわで、お気に入りのお酒と合わせて、いつもより少しだけ贅沢に楽しみたいですね。そんな日常の中の少しの贅沢にぴったり。本家大川屋の「粋物語シリーズ」よりのどぐろと金目鯛の一夜干しをお届けします。

くさみを取り、旨みを残す。大川屋の独自の製法

くさみを取り、旨みを残す。大川屋の独自の製法

この一夜干しは、開いた魚を塩水につけてまんべんなく塩味を付け、昆布などの旨み成分を閉じ込めたシートに包み2日間水分を飛ばします。いわゆる「干す」作業を行わず一夜干しの状態にする製法で、その後真空パックしてアルコールで急速冷凍し完成。また、大川屋独自の製法で、魚のくさみを取り、旨みだけを残すことができ、魚が苦手な方でも食べやすい仕上がりが好評です。

言わずと知れた高級魚、長崎産ののどぐろ

言わずと知れた高級魚、長崎産ののどぐろ

のどぐろは他地域でも有名な産地はありますが、長崎産も負けない味わいを持っています。濃厚な脂ののり、柔らかな身は甘みがあり上品な味わいで、購入されたお客さまにたいへんご好評をいただいています。

本家大川屋だからできるおいしさを届けたい

本家大川屋だからできるおいしさを届けたい

大川屋の店長・永松さんは、魚のおいしさを引き出すことに全力を注ぐアイデアマン。数ある水産商品の中から、本家大川屋の商品を選んでいただくため、日夜努力を惜しまず魚と向き合っています。一夜干しの独自製法もそんな努力から生まれたものです。食べ慣れた方ほど違いが分かる、自慢の一夜干しをぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

本家大川屋粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット
  • 粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

本家大川屋粋物語シリーズのどぐろ・金目鯛一夜干しセット

商品番号 SF17161
商品内容詳細 のどぐろ一夜干し×3、金目鯛一夜干し×4
賞味・消費期限 製造日より90日
外箱サイズ 400×200×100mm
メーカー名 本家大川屋
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示  
  • のし
  • 冷凍

10,000 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)