佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

(有)丸富水産佐世保の肴「あごの丸干し」

佐世保の肴「あごの丸干し」
  • 佐世保の肴「あごの丸干し」

(有)丸富水産佐世保の肴「あごの丸干し」

商品番号 SF17141
商品内容詳細 あごの丸干し500g×2
賞味・消費期限 60日
外箱サイズ 420×280×10mm
メーカー名 (有)丸富水産
発送日目安 3~4日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

3,456 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

晩酌のおともにぴったりのあご(飛び魚)の丸干しです。炙ってお召し上がりください。

お酒のおともに、あご(飛び魚)の丸干しはいかが

お酒のおともに、あご(飛び魚)の丸干しはいかが

丸富水産自慢の「あごの丸干し」は、あご(飛び魚)を塩漬けして丸ごと干した、とてもシンプルなひと品です。香ばしく炙ったあごは、お酒のおともにぴったり。1日の疲れを癒すひととき、晩酌のおともにいかがですか。

サイズは大きめ、加工は丁寧な丸富水産のあご

サイズは大きめ、加工は丁寧な丸富水産のあご

丸富水産のあごの丸干しは、1尾1尾のサイズが大きいことも自慢のひとつ。小さいサイズは味付きなどの珍味に加工するため、丸干しは一般に流通しているものよりひとまわりサイズが大きめなのです。そして、1尾ずつ串に通して乾燥させる、昔ながらの製法を守ることで内部まで均一に乾燥しているため、独特のクセが少なく、味わいや美しさに定評があります。

長崎のあごは特別なものなのです

長崎のあごは特別なものなのです

長崎県では古くから食べられているあごは、9月〜10月半ばの季節風が吹くときだけしか獲ることができません。また他の魚に比べ運動量が多いため脂肪が少ない魚で知られます。高タンパク・低脂肪で消化吸収も良いため、成長期のお子さまにもオススメです。

干物のまち、東浜からお届けします

干物のまち、東浜からお届けします

佐世保市東浜町は、目の前に真っ青な海が広がる干物の町。たくさんの干物の加工場があり、ここから全国に佐世保の干物が送り出されていきます。丸富水産はこの東浜町にあり、昭和37年創業以来熟練の職人をかかえる老舗の干物工場として商いをしてきました。仕入、製造、発送全てを行うことで鮮度の良い魚をスピード感をもってお届けすることができ、また工場直売であることで、お客さまからの反応もダイレクトに受け取ることができ商品作りにフィードバックすることができます。丸富の自信作をどうぞご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

(有)丸富水産佐世保の肴「あごの丸干し」

佐世保の肴「あごの丸干し」
  • 佐世保の肴「あごの丸干し」

(有)丸富水産佐世保の肴「あごの丸干し」

商品番号 SF17141
商品内容詳細 あごの丸干し500g×2
賞味・消費期限 60日
外箱サイズ 420×280×10mm
メーカー名 (有)丸富水産
発送日目安 3~4日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

3,456 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)