佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

九十九島でとれるかきの特徴や食べる際の注意点

育てたものを売る、養殖場を持つ直売店舗。だから新鮮で安心なかきをお届けできるのです


九十九島はかきの産地



長崎県といえば海産物が豊富にとれることで知られています。特に九十九島というのは海産資源の宝庫と呼べる場所です。こちらはいろいろな島によって構成されています。その中にはリアス式海岸もあります。山もあるため、そこから海の中にどんどん栄養が流れこむようになっています。このような地形によって、入り組んだ海岸線の中に豊富なプランクトンが生息するようになり、これが海産資源の豊富さにつながっているのです。この特有の地形を活かしてかきの養殖も行われています。養殖をするために理想的な環境が整っているのです。

九十九島でとれるかきは豊富な栄養によって育っています。漁師がしっかりと育てており、ずっしりとした重みを感じられるものとなっています。そのためこちらの地域の名産品となっています。九十九島の岩牡蠣といえば知る人ぞ知る名品として知られているのです。かきといえば冬場のイメージが強いのですが、こちらでは夏でも美味しく食べることができます。一般的に食べられているものとは異なる種類となっており、夏にかき料理を堪能できるでしょう。生産者はとてもこだわりを持っているため、安全性が高くて安心して食べることができるのです。

とても旨みがつまっており、こちらでとれるものならではの味わいがあります。いろいろな料理で楽しむことができるのが特徴です。それを通販で気軽に買うことができるのです。通販サイトで扱われているものでもとても新鮮なものを届けてくれるでしょう。レビューでも高く評価されており、人気商品として多くの方が購入しています。かきを食べたいと思ったならば、ぜひともこちらの島でとれるものを注文すると良いでしょう。きっと満足できます。


九十九島のかきの美味しい食べ方



実際に九十九島の美味しいかきを手に入れたならば、どのような食べ方をすれば良いのでしょうか。まずかきのむき身はそのままざるの中に入れましょう。そして水道水を出しっぱなしにしてください。そこで振り洗いをしましょう。そして水気をよく切っておいてください。ふきんの上に並べておくと急いで水気をとります。そのあとにお酒を少し振りかけましょう。そうすることによって味を引き立たせることができます。

かきの美味しい食べ頃というのは一般的には冬場とされています。しかし、九十九島のものについては夏場でも美味しく食べることができるます。加熱して食べたいならば、いろいろな方法があります。たとえばオーブンを使うのであれば、5個でだいたい15分から20分程度で良いでしょう。殻が飛んでしまうため、しっかりとアルミホイルで包んでから焼いてください。電子レンジの場合は、皿に盛りつけてからラップをして5個で5分から6分程度加熱しましょう。フライパンの場合は、かきを並べてから蓋をして、口が開くまで焼きましょう。5個でだいたい15分から20分程度でしょう。

どのような焼き方であっても、殻の口が開いた頃が食べごろとなります。殻の丸い方を下にして食べましょう。ナイフで貝柱を切り離してください。そしてレモン汁やポン酢などで食べましょう。あるいは酒蒸しにしてみたり、グラタンにするといった食べ方もあります。生もののためできるだけ早く食べるようにしましょう。殻付きの場合はそれで誤って手を切ってしまわないように注意してください。作業をする際には手袋をつけて、タオルも用意しておきましょう。


かきの旬な時期とは


かきというのは育った環境によって大きく味が異なります。そのため、九十九島のかきは他の地域のものとはまた違った味わいがあるのです。それでは、どうして違いが生じるのでしょうか。

まずかきの味を決める重要な要素としてアミノ酸があります。たとえばグリシンやコハク酸といったアミノ酸類が貝類には豊富に含まれています。これがたくさん含まれるほど美味しいと感じられるようになります。また、他にもいろいろな味が混じることによって、独自の味が生まれていくのです。たとえばミネラル分が豊富ならば塩味が加わるでしょう。さらにどのくらいの水分が含まれているかによって、舌触りや食感にも違いが生じます。これらが総合的に影響して味が決まるのです。

かきというのは一度場所を決めたらそこでずっと育ちます。動くことがないためあまり筋肉は発達せず、その代わりに生殖器や肝膵臓といった内臓が大きく発達するのです。そこには栄養分が多く蓄えられます。これによって濃厚な味を感じられるようになります。また、かきが主に生息するのは潮間帯であり、ここは環境が大きく変化する部分となっています。これによって、さまざまな物質を吸収するようになります。特にアミノ酸を蓄積するようになるため、これが旨味成分となります。

どのような海の環境で育ったのか、どんなプランクトンをエサにしているのか、海水に含まれている物質はどんな構成となっているのか、といった要因によって味は決まります。そのため九十九島という独自の環境のおかげで独特の味のするかきが生まれるのです。他の産地のかきと食べ比べてみると良いでしょう。

海産物海産物はこちら