佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

長崎で豊富にとれる伊勢えびの特徴や美味しい食べ方

海産物


長崎は伊勢えびの産地



長崎県というのは魚介が豊富に獲れることで有名です。こちらには高級食材として人気の高い伊勢えびが獲れます。長崎県は実は全国的にもトップクラスの伊勢えびの漁獲高を誇っているのです。その中でも特に野母崎町と西海市にある崎戸町は県下でも有数の産地として知られています。

長崎市の野母崎は伊勢えびが美味しい町としてよく知られています。こちらの近海にはムール貝や小魚がたくさんいます。これらは伊勢えびの好物であるため、たくさんの個体が育っているのです。それらのエサをたくさん食べることによって、身がしっかりと締まって、さらに味も濃厚となっています。さらに甘みもしっかりとするため美味しいのです。絶品であり、シーズンになると多くの方がその味を楽しみにこちらの町を訪れるほどです。

8月末から9月の末にかけて伊勢エビまつりというものが開催されています。こちらでは魚介類に関連したさまざまなイベントが行われています。飲食店や宿泊施設が豊富に存在しており、格安で美味しい伊勢えび料理を堪能することができるでしょう。長崎のご当地グルメと融合した天丼はもちろんのこと、グラタンや皿うどん、トルコライスなどにも伊勢えびが使われているのです。

また、西海市崎戸町でも伊勢えびが獲れます。こちらの特徴はそのサイズがとても大きいことです。1キロ超えは当たり前であり、中には2キロを超えるようなとても大きなサイズの伊勢えびが獲れることもあります。水深が深くエサを探すのに困らず、外敵の心配もないため、伊勢えびにとっては天国のような場所です。大きいからといって味の方は大味にはならずにおいしさを満喫できるでしょう。このように長崎という土地では伊勢えびをとことん満喫できます。

長崎の伊勢えびの美味しい食べ方



長崎の美味しい伊勢えびを手に入れたならば、それを美味しく食べましょう。どのような食べ方があるのか紹介しましょう。どのような食べ方としたとしても、相性が抜群であり、最高のえびの美味しさを堪能できるでしょう。家庭でも素材の味を活かした美味しい食べ方があるのです。

やはり新鮮なえびを手に入れたならば、刺し身として食べることをおすすめします。食感はプリプリとしており、身はとても甘くて引き締まっています。初めて刺し身にするという方は大変かもしれませんが、たとえ失敗したとしても、それを活用して味噌汁にすることもできるため、チャレンジしてみましょう。

刺し身の造り方としては、まずはさばきましょう。頭と胴体をつないでいる部分に薄い皮があるため、そこにはさみを入れます。切り離したら、ひねりながら頭と胴体を離しましょう。胴体の方の腹皮にも柔らかい殻がついているため、こちらは切り取りましょう。頭側から身をはがしましょう。身は氷水に1分から2分ほどつけておきましょう。こうすることで身が引き締まります。水気をよく切ってから食べましょう。

味噌汁にして食べるのも定番の料理となります。えびは水でしっかりと汚れを落としてください。そのあとにぶつ切りにしましょう。鍋の中にエビを入れて、アクを取りながら20分程度煮こみましょう。そして、火を止めてからその中に味噌を投入して、さらにネギをちらしましょう。こうして完成します。他にもさまざまなレシピを考えることができます。オリジナルの食べ方を追求してみるのも良いでしょう。いろいろな食べ方が可能です。


伊勢えび祭について



長崎では伊勢えび祭というものが期間限定で開催されています。野母崎近海でとれる新鮮な伊勢えびを堪能することができるでしょう。祭りは8月末から9月末の間に開催されています。伊勢えび料理がたくさん提供されるのが特徴となっています。ちょうどシーズンであり、多くの伊勢えびが収穫される時期のため、それに合わせて祭りが開催されます。味噌汁の販売があったり、魚のつかみ捕り大会が開催されたり、釣り堀体験に参加することができるのです。

新鮮な食材をたっぷりと利用した料理の数々を堪能できるでしょう。たとえば刺し身です。刺し身は新鮮な食材の味を活かすことができて、こちらでしか味わうことができないものです。現地の獲れたてのものだからこそ可能となる味があります。伊勢えびがたっぷりと用意されます。また、天丼を食べることができます。それだけではなく、ピーマンやかぼちゃ、椎茸、ナスといった食材もふんだんに使われています。さらにそれぞれの飲食店で独自の料理を提供していることもあります。たとえば釜飯を用意してくれるお店などもあります。

冷凍モノを使っているお店もあるのですが、きちんと探せば正真正銘の新鮮な伊勢えびを使った料理を提供してくれるお店があります。たくさんのお店があるため、インターネットで情報を集めてみると良いでしょう。あるいは地元の人に質問してみるのも良いでしょう。お店によって料理の質は大きく異なっています。新鮮な食材をしっかりと活かすことのできる力のあるお店を選びましょう。そこでしか味わえない料理が出てきます。


海産物海産物はこちら