佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

干物を通販で購入しよう

グリルやフライパンで焼くだけ簡単


干物を購入して食卓に取り入れよう




干物を普段の食事から取り入れている人は少なくありません。一般的に私達が食べる海産物を干して、水分を除去した乾物を指します。水分を除去しなければならないので、適度な温度や湿度などが求められるケースが多いです。種類も複数存在しており、素干しや塩干しなどがあります。また下処理によって干し方が変化します。干し方には丸干し、開干し、切り干しを挙げることができます。


丸干しとは魚の内臓をそのまま状態にして干す方法になります。一般的に煮魚や焼き魚を調理する時は内臓を取り除くのが一般的で、保存をする時も同様に下処理をするケースが多いです。丸干しはこれらの処理をしないので、手間がかからない干し方になります。主に小さい魚に丸干しをすることが多いです。小さい魚として挙げられるのがイワシなどです。開き干しはその名の通り魚を開いて内臓を取り除いた状態で干すことです。


通販や食料品を販売するスーパーでもこの状態で干物が販売されることが多いです。色々な魚にこの干し方を適応できます。例えば秋刀魚や鯵などです。これらの魚は干物にされることが多いので一度は見たことや食べたことがある人も少なくないでしょう。切り干しは開き干しと同様に内臓を取り除いた後に切り身にした状態で干すことになります。


このように種類や干し方は複数ありますが、具体的にどのような魚が干物として販売されているのでしょうか。例えば具体例としてはイワシになります。日本に生息するイワシの種類は複数存在しますが、その中でもカタクチイワシが使われることが多いです。その他にもくさややカラスミなどを使用して干すことが多いです。


魚には焼き魚にしたり、お刺身で食べることもできるので、何故干物として食べるのか理解できない人もいます。他の調理法と異なり、様々な魅力があり、それに魅了されて食卓に取り入れる人も少なくないです。魅力として挙げられるのが熟成させることによって旨味成分が他の調理法に比べて多いことです。


通常の塩焼きなど比べて旨味を感じる人は多くいます。旨味成分が発生する理由としては水分を取り除くことができるからです。その他の魅力としては保存期間が長いことです。基本的にお魚は購入して冷凍する人もいますが、なるべく鮮度が落ちないうちに食べたいと考える人が多いので購入したその日に食べてしまう人も少なくありません。しかし、干物であれば数日後にできるだけ鮮度を保った状態で食べることも可能です。



通販サイトで購入する利点とは




干物を購入できる場所は複数ありますが、現在では通販を利用して購入する人は珍しくありません。実際に通販には地元でとれた魚の干物を販売するところも存在しており、インターネットから購入が可能です。では実際に通販を利用することでどのような利点を得ることができるのでしょうか。


利点の一つとして挙げられるのが、時間をかけて探し回ることをしなくても購入できることが多いことです。実際に干して販売されているお魚の種類は豊富で、その種類によって異なるので、食べたい魚の種類が販売されていないと他のお店を回らなくてはなりません。実際に他のお店に行くには手間がかかるので、困る方も少なくありません。もし通販であればもしそのサイトに目的の商品がない時は他のサイトにアクセスして購入するだけで済むので手間がかからないと感じる人が多くいます。


その他の利点としてはその地域でとれたものを購入できることです。実際にその土地でとれたものを購入するためにはその地域まで足を運ばなくてはならないことも少なくありません。実際にスーパーで販売されているものでも他の都道府県でとれたものも売られていますが、自分が食べたい都道府県でとれたものではない時もあります。もし通販を利用すれば自分が食べたい特産品などをサイトから購入して配達してもらうことができるので、その土地まで足を運ばなくても購入が可能です。



通販の選び方を知ろう




通販で干物の購入を検討している人も少なくないでしょう。そのため、選び方を知っておくと実際に購入する時に参考にすることができます。


通販サイトの選び方のコツとして挙げられるのが、その土地でとれた食品を豊富に扱っているかどうかです。例えばサイトの中には海産物だけでなく肉類やお酒なども販売するところもあります。海産物以外の商品も購入したいという方もいますが、このように複数の種類の商品を扱うところを選択すれば自分が欲しいものを購入できる可能性が高くなります。


その他の選び方としては安全に食べることができるかどうかです。当然、日本で販売されている食品の多くは安全に食べられる状態で売られていますが、初めて利用する人は安全性に関して心配を抱く人も少なくありません。もしサイトの中で生産者の声を聞くことができれば安心して利用できるという方も多くいるのではないでしょうか。


海産物海産物はこちら