佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

めぐみもん天然真鯛の鯛めし

天然真鯛の鯛めし
  • 天然真鯛の鯛めし

めぐみもん天然真鯛の鯛めし

商品番号 SF17147
商品内容詳細 鯛めしの素(2合用)×2
賞味・消費期限 製造日から冷凍で12カ月
外箱サイズ 227×310×33mm
メーカー名 めぐみもん
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示 小麦 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

2,916 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

佐世保魚市場とともに歩み続けるアクトフォー(株)プロデュースブランド「めぐみもん」のラインナップです。天然真鯛を半身まるまる使った贅沢な鯛めしをご堪能ください。

鯛そのものを存分に味わえる、贅沢な鯛めしです

鯛そのものを存分に味わえる、贅沢な鯛めしです

見てください、この鯛めし!! 佐世保の魚市場で水揚げされた天然真鯛を半身まるまる使って作りました。鯛の身は薄く味付けし炙ってあるのでくさみが少なく、骨取りもしてあるので、たいへん食べやすく仕上がっています。めぐみもんオリジナルの出汁は化学調味料無添加。鯛そのものの味を引き立てた飽きのこない優しい味わいです。

九十九島産、輝く紅色の天然真鯛を使っています

九十九島産、輝く紅色の天然真鯛を使っています

春に獲れる天然真鯛を「桜鯛」、秋は「紅葉鯛」と呼びますが、めぐみもんの鯛めしは時期に応じてそのときの旬のものを使用しています。色がたいへん美しく、淡白な中に豊かな風味を併せ持ち、とても贅沢な逸品です。

おめでたいメニューでおもてなし

おめでたいメニューでおもてなし

「めでたい」と、お祝いの席などで出される鯛。かしこまった席でなくとも、例えばお誕生日などの家族の記念日、来客へのちょっとしたおもてなしなどに、ぜひこの鯛めしをお使いください。ご家庭の炊飯器で簡単に炊けますので、本格的な鯛めしをご自宅で気軽にお楽しみいただけます。

西海の豊かな恵みを全国へお届けします

西海の豊かな恵みを全国へお届けします

佐世保魚市場ともに歩んできた、アクトフォー(株)のブランド「めぐみもん」は、長崎の青い海、たくさんの島々がもたらす自然の恵みを、丁寧においしく仕上げた逸品をご紹介しています。商品は全て化学調味料不使用で仕上げていますので、健康志向の方にもご好評いただいており「ほかにない商品だから」とリピートされる方も多数。女性が提案する優しい目線の商品開発を、男性がまわりで支えるアットホームなめぐみもんスタッフが全国に向けて贈る西海の幸のおいしさ、ぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

めぐみもん天然真鯛の鯛めし

天然真鯛の鯛めし
  • 天然真鯛の鯛めし

めぐみもん天然真鯛の鯛めし

商品番号 SF17147
商品内容詳細 鯛めしの素(2合用)×2
賞味・消費期限 製造日から冷凍で12カ月
外箱サイズ 227×310×33mm
メーカー名 めぐみもん
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示 小麦 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

2,916 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)