佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

和み本店かからの葉すしセット

かからの葉すしセット
  • かからの葉すしセット

和み本店かからの葉すしセット

商品番号 PF17445
商品内容詳細 押し寿司
(炙りさば寿司×4
角煮寿司×4
押しつけ寿司×4
煮あなご寿司または赤マテ貝寿司×4)
※時季によって異なります。
賞味・消費期限 冷凍90日
外箱サイズ 420×320×50mm
メーカー名 和み本店
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 卵  小麦 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

4,800 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

縁起の良い葉「かから葉」で包んだ押し寿司です。賞味期限が長いので、贈り物としても喜ばれています。

させぼ☆スター商品入賞商品です

させぼ☆スター商品入賞商品です

佐世保の新しい特産品を募集した「させぼ☆スター商品」のコンテストで入賞した「かから葉すし」のセットです。かから葉は、九州ではお饅頭を包む葉として使われているもので、保湿の効果があるため、包んだお米や具材をしっとりと保ってくれます。佐世保が誇る大自然、九十九島にも生育しているこの葉は、新しい葉が育つまで古い葉が落ちないことから「子孫繁栄」の縁起をかついだものとして知られています。

お寿司といえばまずは魚「炙りさば寿司」

お寿司といえばまずは魚「炙りさば寿司」

皮の焦げ目も香ばしく、脂ののりがまたたまらない「炙りさば寿司」は、かから葉すしの人気ネタです。かから葉が、魚の鮮度や風味をしっかりと包み込んで、できたてのしっとりとした潤いを保ってくれます。ちょっとコバラが空いたときにちょうどいいサイズ。自然解凍でも大丈夫ですが、レンジで軽く温めるとさらにおいしくお召し上がりいただけます。

佐世保名物レモンステーキもお寿司になりました

佐世保名物レモンステーキもお寿司になりました

佐世保名物といえば、薄切りの牛肉をお醤油ベースのソースで食べる「レモンステーキ」。このレモンステーキも、お寿司のネタに使ってみました。やわらかな牛肉は和風の味付けのためごはんにぴったり。お子さまにも人気のひと品です。

爽やかな風味の世知原茶のお寿司

爽やかな風味の世知原茶のお寿司

佐世保市北部の山間部にある世知原町は茶どころとして知られています。この世知原の風味豊かなお茶を使ったお寿司がこちらです。かから葉を開けて感じる爽やかなお茶の香りをお楽しみください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

和み本店かからの葉すしセット

かからの葉すしセット
  • かからの葉すしセット

和み本店かからの葉すしセット

商品番号 PF17445
商品内容詳細 押し寿司
(炙りさば寿司×4
角煮寿司×4
押しつけ寿司×4
煮あなご寿司または赤マテ貝寿司×4)
※時季によって異なります。
賞味・消費期限 冷凍90日
外箱サイズ 420×320×50mm
メーカー名 和み本店
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 卵  小麦 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

4,800 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)