佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

宇久島屋宇久島産活きサザエ

宇久島産活きサザエ
  • 宇久島産活きサザエ

宇久島屋宇久島産活きサザエ

商品番号 SF17158
商品内容詳細 サザエ3kg(10個〜20個)
賞味・消費期限 発送日より4日
外箱サイズ 320×400×160mm
メーカー名 宇久島屋
出荷時期 5月〜8月
発送日目安 2週間以降
アレルゲン表示  
販売期間 2018年04月10日 0:002018年08月20日 0:00
  • のし
  • 季節限定
  • 冷蔵

5,616 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

宇久島の海士(あまんし)が素潜りで獲ったサザエです。海からあげたものを即日発送します。季節限定商品(5月〜8月)

※発送は5月以降となります。

宇久島は海士(あまんし)の島

宇久島は海士(あまんし)の島

全国でも少ない、男性のあまさんがいる宇久島。アワビを獲る海の男たちが壇ノ浦の合戦から落ち延びた平家盛公を助けたとされ「士」という侍の称号を与えられたと言われています。現在15人の海士が素潜りでアワビやサザエを獲っています。

期間限定、15人の海士が獲った貴重なサザエです

期間限定、15人の海士が獲った貴重なサザエです

サザエの漁の期間は、5月に15日、7月に15日しかありません。1年に30日しかない期間にたった15人の海士が獲ったサザエ。それだけで貴重な海の幸です。もちろん味は折り紙つき。しっかりと歯ごたえを感じる肉厚なプリプリした身を、生で、焼いて、煮て…どうぞお好みでお楽しみください。

発送直前に海からあげてお届けします

発送直前に海からあげてお届けします

獲ってきたサザエは、発送直前まで海にいます。ご注文いただいてから海からあげ、即日発送しますので、新鮮そのもの。宇久島自慢のサザエ、その活きの良さをぜひご堪能ください。食べる前に30分ほど冷蔵庫の中でさかさまにしておくと、身を取り出しやすくなります。

宇久島の青い海の恵みを全国へ発信

宇久島の青い海の恵みを全国へ発信

宇久島屋は、宇久の漁師さんたちでグループを作り、活動しているお店です。漁師が海に出て魚を獲り、加工場に運ばれた魚は地元のお母さんたちが捌き、そして「宇久島屋」の名前で販売を行っています。生産・加工・販売を一貫して行っているため、品質管理も行き届いており、安全・安心なお届けしています。宇久島自慢の海の幸をぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

宇久島屋宇久島産活きサザエ

宇久島産活きサザエ
  • 宇久島産活きサザエ

宇久島屋宇久島産活きサザエ

商品番号 SF17158
商品内容詳細 サザエ3kg(10個〜20個)
賞味・消費期限 発送日より4日
外箱サイズ 320×400×160mm
メーカー名 宇久島屋
出荷時期 5月〜8月
発送日目安 2週間以降
アレルゲン表示  
販売期間 2018年04月10日 0:002018年08月20日 0:00
  • のし
  • 季節限定
  • 冷蔵

5,616 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)