佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

あげものや和生すりみセット

生すりみセット
  • 生すりみセット

あげものや和生すりみセット

商品番号 PF17430
商品内容詳細 生すりみ400g、生すりみ(さつまあげ用)400g、生すりみ(野菜入り)400g
賞味・消費期限 4日
外箱サイズ 245x325x80mm
メーカー名 あげものや和
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 小麦  かに  えび 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

1,836 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

新鮮な生魚を石臼で練り上げた無添加の生すりみを3種類お届けします。お早めにお召し上がりください。

新鮮な魚を生のまま石臼で練り上げました

新鮮な魚を生のまま石臼で練り上げました

魚のすりみは鮮度が命。あげものや和の生すりみは、水揚げされた旬の魚を生のまますりみにした自慢の逸品です。下処理後、昔ながらの石臼でゆっくり丁寧に練ってあるのできめが細かく、粘りが出るのでつなぎいらずで卵いらず。また防腐剤も使っていないので、安心してお召し上がりいただけます。

揚げたては格別! アツアツを召し上がれ

揚げたては格別! アツアツを召し上がれ

揚げたてのすりみ揚げはふくらんで赤ちゃんのほっぺのようにパンパン。このアツアツの状態が味わえるのはすりみを自分で揚げたときだけです。これを自然に冷ますと、今度はもっちりとした吸い付くような食感に変化していきます。口の中いっぱいに広がる魚の風味がたまらない、あげものや和の生すりみ、ぜひご家庭でお楽しみください。

揚げもの以外にも、アレンジいろいろ

揚げもの以外にも、アレンジいろいろ

子供たちの魚嫌いが話題になる昨今ですが、生すりみならいろいろな形に変化して食べやすいアレンジが可能です。例えば、すりみ揚げ以外に、おみそ汁や鍋料理に、お魚ハンバーグにと、さまざまなお料理に使えます。いつものお料理でお肉の代わりに使う感覚で、気軽にお楽しみください。

昔ながらのふるさとの味をお届けします

昔ながらのふるさとの味をお届けします

あげものや和は、創業約60年。現在2代目がご家族を中心としたスタッフを引っ張って、おいしいすりみ揚げを全国にお届けしています。新鮮さ、製法、丁寧な手仕事など先代から受け継いだ味へのこだわりをしっかりと受け継ぎ、ふるさとの味を守り続けています。佐世保が誇る新鮮な魚のおいしさをギュッと詰め込んだ、あげものや和の生すりみ、ぜひご賞味ください。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

あげものや和生すりみセット

生すりみセット
  • 生すりみセット

あげものや和生すりみセット

商品番号 PF17430
商品内容詳細 生すりみ400g、生すりみ(さつまあげ用)400g、生すりみ(野菜入り)400g
賞味・消費期限 4日
外箱サイズ 245x325x80mm
メーカー名 あげものや和
発送日目安 1週間以降
アレルゲン表示 小麦  かに  えび 
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

1,836 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)