佐世保ふるさと市場
MENU CLOSE

森山くじら店特上湯かけくじら(うね)

特上湯かけくじら(うね)
  • 特上湯かけくじら(うね)

森山くじら店特上湯かけくじら(うね)

商品番号 SF17123
商品内容詳細 特上湯かけくじら300g×1
賞味・消費期限 30日
外箱サイズ 300×200×50mm
メーカー名 森山くじら店
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

2,500 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)

商品について

鯨料理と言えば、やはり「湯かけくじら」。昔の佐世保では、親戚、ご近所の集まりのときに湯かけ鯨をたっぷり湯がいてもてなすことがありましたが、今は少なくなっているようです。来客へのおもてなしに、湯がきたての湯かけくじらを添えてみませんか?お酒がすすむことうけあいです。

さっと湯がいて出せる、おもてなし料理

さっと湯がいて出せる、おもてなし料理

特上湯かけくじらは「うね」と呼ばれる部分で、マグロで言えばトロ。良質な脂身で、あっさりとした味わいを楽しめます。調理も簡単で、自然解凍したあと、沸騰したお湯に入れ、ふつふつとなったら火を止めてお湯を流し、2~3回水ですすげばOKです。湯がきたてがおいしいので、ポン酢&柚子胡椒、生姜醤油でお召し上がりください。

無添加、無着色、窯と薪で加工しています

無添加、無着色、窯と薪で加工しています

森山くじら店は90年、3代続く老舗の鯨専門店です。お店の奥には鯨の下ごしらえをする作業場があって、お届けする鯨はここで女将さんがカットから加工、パックまで全ての作業を行っています。鯨は調査捕鯨の副産物として入荷するため、種類・大きさ・育った環境により状態はまちまちで、同じものは手に入りません。そのとき入荷したものを見極め、無添加・無着色で、塩だけで加工して自然なおいしさに仕上げられています。

日常の食卓に、もっと鯨を届けたい

日常の食卓に、もっと鯨を届けたい

鯨屋の娘として生まれた女将さんは、少女のころから祖父や父の背中を見ながらお店を手伝ってきました。現在は3代目店主としてお店の切り盛りをし、下ごしらえから販売までほとんどを1人でこなしています。最近はイベントなどにも出店し、鯨を口にしたことのないような若い世代にもそのおいしさを届け、反応を持ち帰り日々の商いを工夫する、という試行錯誤の繰り返し。「おいしくて健康にも良い鯨という食材を、もっとたくさんの方に味わっていただきたい。高級食材としてではなく、もっと気軽に日常的に…」そんな思いとともに、いただく命への感謝を胸に、余すところなく丁寧に手作りされています。

創業90年の鯨屋さん

創業90年の鯨屋さん

昔から交通の要衝であった早岐のまちは、海から山から人・モノが行き交う佐世保の物流の拠点でした。早岐駅前の路地を入ってすぐにお店がありますが、現在は通信販売、産直ショップやイベント出店などでの販売をメインに行っています。(店頭での対応は要電話連絡の予約制です)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。 新規コメントを書き込む

森山くじら店特上湯かけくじら(うね)

特上湯かけくじら(うね)
  • 特上湯かけくじら(うね)

森山くじら店特上湯かけくじら(うね)

商品番号 SF17123
商品内容詳細 特上湯かけくじら300g×1
賞味・消費期限 30日
外箱サイズ 300×200×50mm
メーカー名 森山くじら店
発送日目安 5~6日後
アレルゲン表示  
  • のし
  • 包装
  • 冷凍

2,500 (税込)

熨斗 :
御祝
御祝
出産、成長、長寿など、慶事一般(ご結婚を除く)のお祝いごとに。
内祝
内祝
お祝いをいただいたときの返礼に。
御礼
御礼
お世話になった方への贈りものの慶表書きに。
御中元
御中元
一般的に
関東:6月中旬~7月中旬
関西:7月1日~8月中旬
に贈ります。
御歳暮
御歳暮
一般的に
関東:11月下旬~12月中旬
関西:12月13日~12月下旬
に贈ります。
御年賀
御年賀
元旦から松の内までに贈る新年のご挨拶。
無地のし
無地のし
お祝いやお見舞などを頂いたとき、そのお返しとして送る「内祝い」に使われることも多い。
一般的には、ちょっとしたお礼やご挨拶など日常の贈りものや、訪問先へ手土産として持って行くときなどに使われています。
相手に気を使わせないように、お返しは不要ですよ、という意味で使われることもあります。
お名入れ:
※表書きの文字数(上書きと名入れ合わせて)15文字以内までとなります。ご了承下さい。
※ふりがなが必要な場合は、( )でご記入ください。
【例. 愛羅(てぃあら)】
※こちらの商品は簡易のしのみ対応しています。(名入れ不可)